岸ゴムほぼ日刊コラム

■■ くちびるおばけ■■
Written by
たっちい


最新のコラム


12/11(火) ダメだって
11/20(火) 好ましい人
10/29(月) カチョウ
10/09(火) げろった
08/27(月) たけすい
08/06(月) インフィールドフライとは
07/17(火) ヨーホー
07/03(火) リゾートー
06/10(日) チョコミントバカ
05/30(水) MY little
[最新のコラム]
  
最新のコラム


ダメだって

ダメなんですって
血とか‥
痛いのとかって‥!!!!!!!

健康診断の気になるポイント

小さい身長増える体重
限りなくゼロに迫りゆく視力

それもありますけれども
何より 採血!!


あれは思春期の頃
ピアスホールを開けた衝撃が
あまりに私の精神を揺さぶったのか
気づけば気を失って
家族の笑い者になってしまいました。

それからというもの私には
血を見る負傷、およびそれに相当する怪我や衝撃で
気を失うという、超迷惑な機能が付いてしまいました。

かつて善意で試みた献血で、
事前説明の映像で倒れるという
思い出すだけで恥ずかしいエピソードもございます。

と、いうわけで
今年の採血で、やってしまいました。
強がって普通に挑んだら
気づいた時には運ばれてベッドの上でした。
(ちょうど同日のキッシーズのメンバーには目撃されなかったようですが。。)

迷惑をかけるわ恥ずかしいわで
強がったこと非常に後悔しています。

来年は
大人しく横になった状態で血を取られようと思います。。

突然何かがダメになること、皆さんにも起こるかもしれません。
お気をつけください。。
2018年12月11日(火) No.98

好ましい人

ちょこっと前のお話ですが

地元にて、椎名林檎嬢の
ライブがありましたので行ってまいりました。

表現したいことを持ち
表現したいことを見つめ
表現したいことを譲らず
表現したいことを表現し
表現したいことで魅了する。

それを続ける彼女はいつも格好良く美しいです。


わたしは
自分が好きだなぁと思ったものに
共通点を探すことが多いのですが


自己を見つめている、
自己を理解している、
自己を表現する、自己をプロデュースする能力に
長けている人が好きなようです。


2018年11月20日(火) No.97

カチョウ


わたしは、地元静岡に21まで住んでいたのですが
いまだに行ったことのないところが結構あり
地元を離れてからの方が、
そういったところに足を向ける事が多くなりました。
(さわやかのハンバーグとか、熱海の秘宝館とかね‥)

今週はその中のひとつ、
掛川花鳥園に行ってきました。

鳥の楽園でした。。。
人間と鳥しか居ませんでした。
ブースによっては本当にゼロ距離で鳥と向き合えました。
私は超興奮しましたけど
鳥が苦手な方には地獄ですね!

夫は、鳥嫌いではありませんが
手放しで動物と触れ合うことに抵抗があるタイプなので
あまりの近さに引きまくっており
その顔も最高に面白かったです。

大好きなオニオオハシさんと
(大きいバナナみたいな嘴のやつです)
ずっと生で見たかったハシビロコウさんと
足がフッサフサの猛禽類が見られて
たいへん満足しました。

近くに、
さわやか掛川インター店がありますので
11:00の開店時間を狙ってランチを食べてから
花鳥園へ行くのがおすすめコースです٩( ᐛ )و


2018年10月29日(月) No.96

げろった


先週金曜に有休貰って
夫と二人で下呂温泉にいってきました。

今回の旅のコンセプトは
宿に重点を置くこと。
本当は北海道に行く予定だった予算をふんだんに使い
お高級なお宿の
お高級なお部屋で
お高級な食事をいただき
心ゆくまで自分を甘やかす!という事をやってみました。

危なかった。
もう少しで社会復帰できなくなるところでした。

いつもは旅行にいっても殆ど宿に居ない事が多く
なるべく少ない予算で宿を取っていましたが
お金を掛けるとこうも違うのですね‥‼
色々書くと長くなるので端折りますが
おもてなしとはどういうものかが少しわかった気がします。
自分より高い水準の生活レベルにある人々の
見ている景色を垣間見得たという点でも
とても有意義な時間を過ごす事ができました。


時々こういう旅行を、またしたいなと思います。
あとは、北海道にもそのうちリベンジします!


2018年10月9日(火) No.95

たけすい


やることないねー行くとこないねーなんて
始まった土曜日、

既に愛知で暮らして十年以上経つのですが
ネットで
愛知 観光
で検索。

竹島水族館に行ってみることにしました。

結果的に、大正解でした。


私の水族館史上、一番面白い水族館です。
こんなに魚に興味が湧く水族館ははじめてです。

水槽一つ、魚一種につき
濃厚過ぎる愛情と、説明POPがついています。しかも手書きです。
まるで、小中学生の研究発表のような熱量を感じます(褒めています)

きっと外部のデザイン会社に依頼して、ちゃんとしたコーナーを作ったら
消えてしまうだろう空気感があって
自己満足や内輪受けにならないギリギリのラインを保ってるのが
とてもステキ。

SNSでそんなところが話題になっているのか、
想像よりずっと館内は混んでいて
説明をじっくり読んでしまうため
お客さんは渋滞気味でした。

入場券も心配になるほど安かったので
年パス買っても良かったかもしれません。

是非行ってみて欲しいです。

カピバラもいました。


2018年8月27日(月) No.94

Page/ [1] [2]
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
++HOME++
007618
shiromuku(n)DIARY version 1.31